トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/08/13 14:37

神田司町在住の漫画家が描く
ガキ大将たちの夏休み 】
うえださと士の色紙画展が神田公園出張所2Fで開催中です。
8月20日(日)まで12:00〜18:00(最終日は17:00まで)


昭和世代には懐かしい夏休みの思い出を描いた作品がズラリ展示されています
↑チラシ



会場では作家本人が来場のお客様に作品の説明をされていました


会場には昭和30年代の神田の夏休みの子供たちの思い出
海水浴、花火、縁日、学校プール、盆踊り、相撲大会などなどを
描いた作品が数多く展示されています。



左は学校の理科室の探検の様子がユーモラスに描かれています。
右は夏休みの小学校のプールを楽しむ様子が描かれています。



作家本人、漫画家のうえださと士さんです。


夏休みの子供たちの思い出の作品以外にも
昭和時代の神田祭の様子が懐かしい建物を背景に描かれた作品も
数多く展示されています。

神田公園出張所(神田司町2丁目)にて12:00〜18:00
8月20日(日)まで開催しています!
参照→http://www1.tcn-catv.ne.jp/s-ueda/

投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/08/11 20:18

本日8月11日(祝)より
神田明神納涼祭り 始まりました!
8月13日(日)までの3日間です。18:00〜21:00



神田明神の大鳥居をくぐり参道を往くと
きらびやかな灯りの提灯に飾られたいつもとちがう雰囲気の随神門。
境内のざわめきが聞こえてきます。


櫓の踊り手さんの見本にあわせて皆さん楽しそうに踊られています。
今宵は涼しく踊り手さんも気持ちよさげに盆踊りを楽しんでいます。


本殿裏手の境内には色とりどりのグルメ屋台が約30店も軒を連ねています。
盆踊りを一休みしてる皆さんが思い思いに呑んだり食べたりの空間です。


おやおや、神田明神のマスコット「江戸っ子みこしー」も境内を散歩中!
呑んだり食べたりできるんでしょうか?!ご苦労さまです!!


盆踊りの輪が時間の経過につれて広がっていきます。
お盆の東京で江戸総鎮守の明神さまで盆踊り。
楽しいひとときを過ごしてくださいね。
13日の日曜日までですよ〜〜♬

投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/08/04 19:53

神田と大手町をつなぐ「鎌倉橋」を
地元の人々と周辺のワーカーで力を合わせて清掃する
「鎌倉橋橋洗いプロジェクト」
が、8月4日(金)16:00より行なわれました!

当日は大手町川端緑道と大手町仲通りで打ち水や縁日も行なわれました!

江戸・東京の下町「神田」と、日本最大の企業集積地「大手町」。
この二つのまちを繋いでいるのが、
関東大震災の復興橋として架けられ
今年で架橋88年になる「鎌倉橋」です。


神田・大手町から参加した皆さんは、まずはタワシを手にして
橋の欄干部分をゴシゴシと洗います。


次にモップを手に持って歩道部分をチカラとココロをこめて
ゴシゴシと一生懸命に洗い磨きます。


可愛い浴衣姿のお嬢さん方も笑顔で橋洗い!ゴシゴシ!


そして仕上げは、水の入った消火器を使って
欄干部分と歩道部分の洗剤と汚れを一気に流しさって清掃は完了!


大手町川端緑道に参加者が集合して神田一本〆にて
「鎌倉橋橋洗いプロジェクト2017」がお開きとなりました。

後方に「鎌倉橋」が見えていますね!
今回は、橋の上流川の欄干と歩道を清掃しました。
来年は逆サイドの清掃となります。お疲れさまでした。

【主  催】鎌倉橋橋洗いプロジェクト実行委員会
構成団体→内神田鎌倉町会・大丸有まちづくり協議会・大丸有エリアマネジメント協会・大丸有環境共生型まちづくり推進協会

投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/07/29 17:48

夏は神田で盆踊り〜♬
盆踊り愛好家たちが待ちに待った8月がやってきました。
8月の神田地域での盆踊りの予定の一部をご紹介します!

◎諸般の事情により日程・会場・時間などの変更があるかも知れません。あらかじめご了承ください!

【司町二丁目納涼盆踊り大会】神田児童公園(神田司町二)
8月4日(金)〜5日(土) 18:00〜21:00

【秋葉原東部納涼大会】和泉公演(神田和泉町一)
8月4日(金)〜5日(土) 
盆踊り 4日19:40〜20:45 5日18:15〜20:15

【神田明神納涼まつり】神田明神境内(外神田二)
8月11日(金)12日(土)13日(日)18:00〜21:00

【西神田ファミリー夏祭り盆踊り】西神田公園(西神田二)
8月15日(火)18:00〜20:00


【芳林公園納涼盆踊り】芳林公園(外神田三)
8月24日(木)〜25日(金)18:30〜21:00

【神田大門通りこども連合会納涼盆踊り大会】(岩本町ほほえみプラザ)
8月26日(土)盆踊り17:00〜


※以下はイメージ写真

【司町二丁目納涼盆踊り大会】
司町二丁目の神田児童公園には櫓も組み立てられて盆踊りの準備万端



【神田明神納涼まつり】
昨年初めて開催された神田明神の盆踊りも今回が2回目の開催となります



【西神田ファミリー夏祭り盆踊り】
ご当地限定のニシカンダー音頭が楽しく踊れる西神田ファミリー夏祭り



【神田大門通りこども連合会納涼盆踊り大会】
夏休み最後の土曜日 15:00からは子供たちが夏祭りを楽しみます

どうぞ皆さん、盆踊りで神田の盛夏8月を楽しんでくださいね!


投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/07/20 14:15

「明後日朝顔プロジェクト」
あさってあさがおプロジェクト
は、今年でなんと15年目に突入です。
盛夏に咲く花と言ってまず思い浮かぶのが「アサガオ」です。
アーツ千代田3331のテラスで日本各地の朝顔がスクスクと成長中!

アーツ千代田3331は外神田6丁目(旧練成中学校)のアート施設です。


3331のコミッションワークアーティストの日比野克彦さんが
2003年に新潟県薊平(あざみひら)で地元の方々と一緒に始めた
「明後日朝顔プロジェクト」。
今年で15年目を迎えるプロジェクトの参加地域は、北は北海道、
南は沖縄まで全国29カ所におよび、今年で15年目に突入しました。



日比野さんの各地での活動に呼応するように、朝顔の種は全国に運ばれ
人と人とが繋がり、大きなネットワークとなっています。



アーツ千代田3331のテラスいっぱいに育つ朝顔が
スクスクと空に向かって伸びています。



3331の館内からテラスを眺めると
朝顔のあざやかな緑色の葉と蔓が美しく一服の絵を見ているようです。



8月になると朝顔ももっともっと大きく育ち花もいっぱい咲く予定!
地域でおなじみのアーツ千代田3331のスタッフの皆さんも
「朝顔を来て見てくださいね〜!」と笑顔で言っていました♬

投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/07/07 17:52

7月7日 七夕
神田明神では七夕祭の神事が執り行われました。
笹の葉さらさら軒端に揺れてお星さまキラキラ〜金銀すなご〜♬


浴衣姿の男女、外国人観光客、参拝の多くの皆さんが
願い事を書き込んだ短冊を社殿両側に設えられた笹に飾り付けました。



定刻午後4時
雅楽の先導で神職と巫女さんらが参進にて登場。



祭主による七夕祭の祝詞奏上となり参列の皆さんは低頭されています。


巫女さんによる巫女舞が奏上されます。


巫女さんによる短冊飾付けの儀


神職により短冊でいっぱいの笹の七夕飾りが祓い清められました。


七夕祭神事滞りなく斎行されました。
浴衣姿の若い方々や参拝者にまじり外国からの観光客も
短冊を吊るして日本の歳時の文化の写真撮影などを楽しんでいたようです。

このような古くからの日本の歳時、行事も近頃では
幼稚園や小学校、商店街、そして神社などでしか見られなくなりました。
願い事が叶い、ステキな人と巡り会えるといいですね♬

投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/07/03 17:06

第17回 千代田まちづくりサポート[公開審査会
7月1日(土)九段生涯学習館にて9時から5時30分まで開催されました。

千代田区内でのまちづくり活動に対して助成金の交付をすることが
妥当かどうかを7人の審査委員が公開で審査します。
「一般部門」では最高50万円。
「はじめて部門」では5万円。
「普請部門一次」では10万円。の助成金が交付されます。

一般部門には17団体。はじめて部門には2団体。普請部門には2団体の
応募があり
合計21団体が7人の審査委員と来場見学者を前に
プレゼンテーションする緊張の公開審査会に挑みました。


一般部門【地域のキーパーソン可視化プロジェクトチーム】プレゼン
テーマは、千代田区を面白くしている街のキーパーソンの
インタビュー動画を製作するプロジェクト



一般部門【共立女子大学 神保町周辺活性化デザインチーム】プレゼン
テーマは、神保町グルメかるたプロジェクト〜神保町周辺活性化デザイン


一般部門【THEATRE CONCIERGF】プレゼン
テーマは、人の暮らしを豊かにする〜街と人のステージをつなぐお手伝い


普請部門一次【秋葉原旧旅館「東館」ちよだニャンとなるCafe】プレゼン
秋葉原の旧旅館をネコをテーマにしたコミュニティーカフェとする構想。


7名の審査委員による一次審査で一般部門の助成団体が決定します。
審査委員がこれまでのプレゼンと質疑応答を参考にしてシールを貼ります。
赤は助成にふさわしい。黄色はさらに活動内容を吟味したい。
青は助成にふさわしくない。と、言うことになります。



助成団と認められた団体への助成金額が決まります。
一般17団体のうち11団体に助成金を交付することが決定しました。
11団体に助成するそれぞれの金額も決定しました。

以下の団体に千代田まちづくりサポートの助成金を交付することが決定。
・東京神田神保町映画祭実行委員会(45万円)
・文人通りギャラリーカフェ(39万円)
・神田プロレス(45万円)
・PCN秋葉原 ASSEMBLAGE(49万円)
・神田を面白がる会(34万円)
・神田をワインの街にしようの会(42万円)
・地域のキーパーソン可視化プロジェクト(40万円)
・ちよだロケーションサービスをつくる会(37万円)
・THEATRE CONCIERGF(18万円)
・協働プラットフォーム(28万円)
・カンダミュージアム(23万円)でした。
そして「はじめて部門」二団体に各5万円。
「普請部門一次」ではニャンとなるカフェに10万円の助成が決まりました。

11月には中間活動発表会が予定されています。
千代田まちづくりサポート 詳しくはコチラ↓
https://www.mm-chiyoda.or.jp/development

投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/05/18 10:06

2017年5月11日より始まった、「天下祭」とも言われる「神田祭」。
本日17日の例大祭を持って最終日となりました。
祭巡行がおこなわれる神田祭は、次は2年後になります。
粋でいなせな江戸っ子たちの掛け声が響き渡る神輿宮入の写真をいくつかご紹介します。
お気に入りのお写真があれば、写真提供を承っておりますので、ご申請をお待ちしております。
申請方法→ http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/1850/Default.aspx


 

 



 

 

投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/04/18 11:23

千代田区でまちづくり活動をする団体に助成金を交付してサポートする
(公財)まちみらい千代田主催
千代田まちづくりサポート活動成果発表会
4月16日(日)千代田プラットフォームスクウェアに於いて
16回目の活動成果発表会が行われました。


会場は、およそ60名の見学者でいっぱいとなり
午後1時開始の活動成果発表を熱心に見学されていた。
今回のまちづくり活動への助成金総額は889万円であった。
(はじめて部門5万円・一般部門344万円・テーマ部門40万円・普請部門500万円)
前年7月の公開審査会を通過して活動をしてきた13団体が
7名の審査委員の皆さんと質疑応答を繰り広げつつ発表をおこなった。
神田をテーマとしたり神田地域を活動場所とした7団体をご紹介します。
※()内はエントリーした部門と助成金額です。


神保町コミュニティープラザ(一般部門・50万円)
神保町漱石フェスを実施。さまざまな関連イベントを開催した。


神田暮らし探検隊
一般部門・22万円)
次世代の担い手づくりをテーマに町歩きやワークショップなどを行った。


神保町映画祭実行委員会(一般部門・50万円)
映画文化振興と地域活性化を目指して神保町映画祭を実施した。



PCN秋葉原Assemblage(一般部門・35万円)
子どもたちを対象に電子工作&プログラミング活動を行ってきた。



神田プロレス(一般部門・50万円)
神田明神こどもフェスタ&神田明神奉納プロレスの実施が圧巻であった。
◎3/25日付のまちブログ神田を参照
 

内神田を面白がる会(テーマ部門・40万円)
地域住民と新住民をつなげるマンションカフェを媒介にイベントを実施。



海老原商店を活かす会(普請部門・500万円)
希少な看板建築を地域で活用するするための改修工事を行って完成させた。
◎3/28日付のまちブログ神田を参照


13団体全ての発表後に
審査委員と各団体により投票が行なわれ
今回の千代田まちづくりサポート「サポート大賞」が決定した。
第16回千代田まちづくりサポート「サポート大賞」は
神田プロレスさんが受賞しました!


発表会終了後には懇親会が開かれ、各団体の交流と
情報交換の場所となりました。

※ここに紹介した7団体の他に以下の6つの活動団体がありました。
・世界に広める落書きPROJECY(一般・22万円)
・文人通りギャラリーカフェ(一般・30万円)
・グリーンネイバーフッド(一般・33万円)
・オクトパシー(はじめて部門・5万円)
・麹町小学校ワーク・わく・クラブ応援団(一般・20万円)
・Sophia Information For Visitors(一般・32万円)


千代田まちづくりサポート
お問合せは(公財)まちみらい千代田 03-3233-7556
http://www.mm-chiyoda.or.jp


投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/04/13 11:36

4月12日(水)18:30〜
千代田図書館主催 千代田図書館ミュージアムセミナー
神田祭を読む
〜本で知る神田祭の今昔〜

千代田区役所4F会議室を会場に
神田明神神職の岸川雅範氏を講師にお迎えして行われました。


主催者による講師の岸川氏のプロフィール紹介からセミナーが始まりました。
会場は、神田祭も目前ということで
事前申込みをされた定員50人でいっぱいの人気ぶりです。


かつての神田祭では神社神輿と山車の行列が主役でしたが、
実は人気があったのは、毎回趣向を凝らして行列に出る附け祭りでした。
そのような実例が載っている書籍などを紹介しながら
当時の記録や錦絵を参考に神田祭の詳細が語られていきます。


明治17年の神田祭大祭が盛り上がった社会背景など詳しく語られ
人が扮した凧をあやつる附け祭の絵など多数紹介してくれました。
笑いを誘うと云う要素を持った出し物は相当に人気があったそうです。


江戸時代から現代までの神田祭のコラボの歴史も語られました。
歌舞伎役者が神田祭とコラボした錦絵も紹介してくれました。
尾上菊五郎や市川団十朗などなど
銭形平次、ケロロ軍曹、ラブライブ、こち亀などなど
神田明神・神田祭とのコラボの流れの解説もあり、
本年5月の神田祭では「ソードアート・オンライン」とコラボとのこと。


締くくりは、神田祭へお出かけくださいと言うことです。
来られない方はインターネットライブ中継をご覧になって
神田祭を楽しんでくださいとまとめられました。
アッというまの90分の神田祭セミナーとなりました。
講座終了後も講師の岸川氏を囲んでの質疑応答が盛り上がっていました。

神田祭は、5月11日(木)〜17日(水)まで
さまざまな神事・行事が執り行われます。
詳細は、神田明神ホームページをご覧下さい。
コチラ→ http://www.kandamyoujin.or.jp/


 

一般社団法人 千代田区観光協会