トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
アーカイブ
<2018年12月>
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
月別の過去ログ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/12/11 15:29

神田明神が、天平2年(730)の創建から
創建1300年(2029)への未来に向けて
広く大きく日本・江戸の伝統文化を発信してゆく

神田明神文化交流館EDOCCOが11月30日に竣工。
いよいよ今週末の12月15日(土)にオープン開業となります。


神田明神文化交流館は本殿から見て右側の4階建てガラス張りの建物です。
正面の朱色の門は神田明神境内への入口となる昭和50年建立の随神門です。


この建物のメインは何と言っても2階の神田明神ホールと言えるでしょう。
エンタメからビジネスまで幅広く活用できるホールとなっています。



神田明神ホールは着席で400名。
スタンディングでは700名が入れる多目的ホールになっています。



2階の神田明神ホールのテラスからの風景もステキです。
本殿と広くなった境内、大きな空、秋葉原の町並み、
そして遥かスカイツリーまで見通すことができます。



文化交流館の1階には、入口の右側に神社の神札授与所があります。
神田明神のお札やお守り、おみくじなどを扱い授与します。

また伝統と革新をテーマにした土産物ショップがあります。
さらにカフェではオリジナルスイーツや日本酒など
昼でも夜でも楽しめるメニューが用意されています。
ショップやカフェは18時まで、日本酒のお店は22時までの営業です。


地下1階にはEDOCCO STUDIO(エドッコスタジオ)があります。
日本や江戸の伝統文化や芸能を実際に体験できるスペースになっています。



神田明神文化交流館の館内では
松井守男氏(画家)のBlue・Blue・ブルー(絵画)昇り竜(絵画)
宮田亮平氏(金工作家)のえびす様尊像
斉藤上太郎氏(着物デザイナー)の西陣織・神田大明神祭礼絵図などの
芸術作品を見ることができます。
◎写真は12/11プレス内覧会で撮影されたデータを使用しています

神田明神文化交流館 EDOCCO
12月15日 10:00オープンです!


投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/12/08 13:35

お茶の水にフィンランドから
サンタクロースがやって来たー♬
12月8日 sat
お茶の水サンクレールB1広場がクリスマスムード一色になりました!



石川雅己千代田区長が来場したお子さんとお父さんお母さんにご挨拶。
このサンタさんのクリスマスイベントもナント12回目となるそうです。


会場の広場はご覧のとおり。
お子さんと、お父さんお母さんでいっぱい。満員の大賑わいです!
子供たちからは、サンタさん大きい〜の歓声が上がりました!


サンタさんがフィンランドからのお手紙を石川区長に渡しました。


子供たちのサンタさんへの質問コーナーも大人気。
何人かがステージに上がって可愛い質問をサンタさんに投げかけていました!
会場を訪れた子供たちもクリスマスの衣装を着ている子が多くて・・・



サンタさんが選んだ可愛い衣装を身につけた子供たちが
ステージに呼ばれて楽しい時間を過ごしていました。

会場では、このほかにも
クリスマスソングのライブステージや、
サンタさんの帽子を作るワークショップ、絵本・塗り絵コーナーなど
子供たちが楽しめるプログラムがいっぱい。

お茶の水サンクレールの楽しいクリスマス会でした!

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/11/24 14:45

11月24日(土)
江戸時代から続く衣料品店街が総力を挙げて開催する
岩本町・東神田ファミリーバザール
第79回目の初日が始まりました。

ファミリーバザール会場は、
JR・秋葉原駅(昭和通り口)
つくばエキスプレス・秋葉原駅(A1出口)
地下鉄・日比谷線秋葉原駅(4番出口)
地下鉄・岩本町駅(A4出口)から徒歩ですぐ!
神田川に架かる和泉橋が目印です。



初日24日の11時頃の様子です。
会場を中ほどまで進み、昭和通り側を振り返った状況です。
いつにも増して大盛況の様子です。

来週の12月1日(土)2日(日)も
ファミリーバザールは開催しています。
どうぞお出かけください!
紳士服、婦人服、子供服など衣料品はもちろんのこと
日用雑貨品も多数取り揃えてお買い得品が盛りだくさん!


買物とは別に大人気のイベントが会場からすぐの
和泉橋の船着場から出発する

晩秋のスカイツリークルーズ
浅草橋三浦屋さんの大型屋形船が一日3便出航します。(大人1,000円)
11:00〜 12:30〜 14:00〜
◎スカイツリー撮影スポットでは船上デッキから撮影できる特典付き
◎チケットはバザール会場の本部で当日の09:30より先着順で販売です。


衣料品は、秋もの、冬ものはもちろんですが夏ものまでもがあったりします。
取り扱い商品のラインナップがかなり豊富です。


豪華賞品の当たる抽選も人気で、応募箱のまわりも大混雑でした。


ヨーロッパのカラフルなブランドものを
手に取ってじっくりご覧になっていただいています。


個性豊かな毛糸の手編みの色とりどりの商品も並んでいました。


靴屋さんもものすごい割引の札をかかげて元気に営業されています。

日用品や雑貨、食品店舗も数多く出店されていて
包丁、まな板、鍋、装飾品、地方の特産食品なんかも豊富なようです。



屋台村が2ヶ所にあり各地の人気メニューが大集合。
各地で人気のキッチンカーも出店。
おなかも満足、お土産も購入できる岩本町東神田ファミリーバザール会場で
秋の一日を十分にお楽しみください。

来週の12月1日(土)2日(日)も
ファミリーバザールは開催しています。
どうぞお出かけください!
詳細は→ http://www.family-bazar.com

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/11/06 15:52

10月22日(月)
譲渡型保護猫カフェ「ちよだニャンとなるcafe」
千代田区外神田4-8-12 旧旅館・東館内にオープンしました!


昭和27年に建てられた旧旅館「東館」1Fを改修して運営されています。
蔵前橋通りから一本南側の通りで、銀座線・末広町駅からは徒歩2分ほど。
JR秋葉原駅からも徒歩で5分ほどの場所にあります。


保護猫と触れあうソフトな雰囲気のカフェです。
保護猫の譲渡に関してはスタッフにご相談ください。



可愛らしいカフェ店内の様子です。
この日は、5匹の保護猫が思い思いにのんびり過ごしていました。



楽しくじゃれて遊んでみたり・・・


食事タイムの子もいました。


ソファの下を覗いたらにらまれてしまいました。


カラーボックスの中でズーッと居眠りしていたのはこの子です!


きめポーズでまるで置き物のように可愛らしく撮れました!
この子は岩本町で保護された子です。

カフェ運営は「一般財団法人ちよだニャンとなる会」
一般財団法人ちよだニャンとなる会は、東京・千代田区で
行政と連携・協力して「飼い主のいない猫」の問題に取り組んでいます。

譲渡型保護猫カフェ ちよだニャンとなるcafe

101-0021 千代田区外神田4-8-12 旧旅館・東館内1F
◎営業日・システムなど詳細はコチラ↓
オフィシャルホームページ http://www.chiyoda-nyancafe.jp

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/11/04 14:49

第8回「神田カレーグランプリ2018」
11月3日(土祝)4日(日)に小川広場で開催されました!

神田地域で予選を勝ち抜いた20店舗が小川広場にてグランプリを競います。
小川広場の木々も少しづつ秋色に染まりはじめていい雰囲気です。


小川広場のカレーグランプリ会場のメインゲート。
会場内はカレーマニアでいっぱい。
ひっきりなしにカレー好きが出入りしています!



会場内のステージでは、さまざまなパフォーマンスやライブが次々と
行なわれ、皆さんカレーを食べながらリラックスして楽しまれています!



会場の中央には飲食スペースとステージ。
会場両サイドに予選を勝ち抜いた精鋭20店舗が並んでいます。



会場内は大混雑ですが、行列の整備など的確に行なわれ秩序正しく安全です!
皆さん、思い思いのカレー屋さんの行列に並んで居ます。



イベント協賛企業のワークショップも楽しそう!
こちらも人気で長い行列ができていました。



会場の出入口には、投票所が設置されています。
まさにグランプリは来場された皆さんの投票で決定となるわけです。
投票の〆切は、11月4日(日)16:00
さあ、2018カレーグランプリに輝くのはどこのお店でしょうか?

第8回「神田カレーグランプリ2018」の結果はコチラ↓↓
☆グランプリ  MAJI CURRY(マジカレー)
☆準グランプリ ジョイアルカレー
☆3位     スパイスボックス
◎カレーマイスター賞 スパイスボックス

神田カレーグランプリ
詳細はコチラ→
http://kanda-curry.com/

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/10/29 15:01

10月27日(土)28日(日)
まちブログ前掲の「神田スポーツ祭り」と日程を同じくする
第28回「神保町ブックフェスティバル」
好天の青空のもと2日間にわたり大盛況の賑わいとなりました!


見慣れた駿河台下交差点の風景です。
右側の靖国通りでは10月26日(金)〜11月4日(日)まで「神田古本まつり」
そして左側の「すずらん通り」、さらに続く「さくら通り」が
神保町ブックフェスティバルの主要な会場となっています。



すずらん通り入口には、ブックフェスの大きな看板が架けられて
その下にはステージが拵えられていて、パフォーマンスが繰り広げられ
ニューオリンズジャズやキューバラテン音楽などが明るく賑やかに演奏
道往く人々を次々とすずらん通りへと誘います!



神保町ブックフェスティバルでは何を販売しているの?
靖国通りは古書店街が居並び、文字通りあらゆる「古本」を販売しています。
神保町ブックフェスティバルは、同じく本の街神保町のイベントですが
新刊書店や出版社系のお祭りですので、新しい本などを販売しています!

ご覧のようにすずらん通りは、本と人と商品などで埋め尽くされ
身動きできないほどの賑わいとなりました。


すずらん通りから1分ほど離れた
神保町三井ビルの公開空地は「こどもの本ひろば」になっています。
児童書を求めるパパ、ママと一緒に来場した子供たちがいっぱいです。
ちいさなお子様のいるファミリーには、年に一度の絵本・児童書の
ワゴンセールは知る人ぞ知る大の人気の場所となっています。


広場内のステージでは、生演奏の音楽プログラムや
絵本・物語の読み聞かせなどが行なわれていました。



すずらん通りから白山通りを渡って人が「さくら通り」へ向かいます。
占いコーナーなんかは行列のできる人気ぶりでしたよ!
また、すずらん通り会場にももちろん飲食ブースがあるのですが
さくら通りでは、地域のグルメの大テントが軒を連ねているのですよ!



皆さん、お目当ての本を探し当て少し疲れてお腹も空いて・・・
思い思いのお店のテントに行って食欲を満たしていましたよ。
読書の秋 そして食欲の秋でもありますから!

神保町ブックフェスティバル
2日間にわたり大盛況の人出でおおいに賑わいました。



投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/10/28 17:26

大人気!
神田プロレス!!!
10月27日(土)28日(日)の二日間
靖国通り神田小川町スポーツ街・小川広場で「神田スポーツ祭り」開催。
小川広場で行なわれた神田プロレスが大人気の盛り上がりでした。


13:00からはレスラーの皆さんの指導で「ちびっこプロレス教室」
レスラー養成的なスクワット、腕立て伏せなどを教わりました。
父兄の皆さんも汗いっぱいかいて楽しんでいたようです。


第1試合 3vs3のタッグマッチ 
いきなりの長時間の場外乱闘からの神田連合が悪役連合を倒しました。
負けて神田を追放された悪役連合もかなりの人気でした!


場内実況と解説は、元日本テレビ全日本プロレス中継アナウンサーの
若林健治さんでした(写真奥)



第2試合 
外国人男性レスラーと日本人女性レスラーが組んだ2組の
ミックスタッグマッチ
イタイってばーって感じの白熱の試合を展開!


外国人男性レスラーも華麗な技を展開!
スピード感あふれる空中技もたくさん見せてくれました!


メインイベント第3試合
ご当地正則学園野球部出身レスラーの佐藤恵一と
神田カレーマスクネクストが対戦しました。
佐藤恵一がカレーマスクネクストを破り
大きな歓声を沸き起こしました。

3試合の熱闘を繰り広げて小川広場を興奮の渦に巻き込んだ
神田プロレスの皆さん。


来春3月30日(土)には神田明神境内にて神田プロレスを敢行予告です。
楽しみです!

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/10/26 12:53

第59回 東京名物 神田古本まつり
本日10月26日(金)より始まりました。
11月4日(日)までお楽しみいただけます。
会場は、駿河台下交差点から専大交差点までの靖国通りがメインです。

以下の写真は、本日初日の午前中の様子です。
平日の初日なのですが、物凄い人気ぶりで混み合っていました。

神保町交差点岩波ビル広場


岩波ビル裏手の横丁も大人気です。


で、靖国通りはというと初日からご覧の人出で大盛況です。


夜にはぼんぼり提灯に灯がともり、また違った町の雰囲気が楽しめますよ!


なにしろ100万冊以上の古書などのセールですから・・・


世界一の古書店の町「神保町」の面目躍如!
170店以上の店がワゴンセールをするんですから壮観です。
神田古本まつりは
11月4日(日)までの開催です! どうぞお出かけください!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

明日10月27日(土)と28日(日)には
すずらん通りとさくら通りを中心に

第28回 神保町ブックフェスティバル開催!
こちらは新刊書店や出版社のブースがズラリと並んで壮観!
児童書のセールもママさんたちに大人気のようです。
地元の美味しい飲食のブースもお楽しみいただけますよ!




さらに明日10月27日(土)と28日(日)には
小川町・靖国通りや小川広場をメイン会場に
第24回 神田スポーツ祭り2018!
合わせてお楽しみください!

買物やリフト券の抽選はもちろんのこと
小川広場での神田プロレスや体力測定などもお楽しみくださいね!

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/10/20 14:57

かがやく千代田 つながる心
第16回「福祉まつり」
10月20日(土)千代田区役所、かがやきプラザなどで開催されました!


オープニングセレモニー
千代田区社会福祉協議会 田邊惠三会長の挨拶で福祉まつりが始まりました。


石川雅己千代田区長もゆっくりと会場を視察。
販売ブースや展示ブースなどで町の人々や団体と交流されていました。



区民ホールのメインステージでは11時から15時すぎまで
さまざまな団体やサークルが次々と登場!
音楽の演奏、朗読劇、詩吟やカラオケなどを楽しみました。



千代田区役所の屋外でも温かい陽射しのもと
美味しいもの食べてお話しが盛り上がっている人々がたくさんいました。



福祉まつり食堂と名づけられた飲食屋台も大賑わいでした。
タコヤキ、綿菓子、焼きそばにフランクフルト、いそべ焼きにいなり寿司
などなど縁日気分を楽しみました。写真はたい焼き屋台です!


かがやきプラザ会場、区役所4F会場も
展示や販売、ワークショップ、写真撮影コーナー、福祉体験コーナーなど
福祉や防災など役に立つ情報がたくさんありました。

10:30開会の福祉まつりも15:00の閉会式と福引大会で幕をとじました。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/10/18 10:43

神田かるちゃー倶楽部「明神塾」
今年で21年目を数える神田明神の文化講座です。
今年のテーマは「江戸の美と匠の世界Ⅲ」
10月17日(水)には、神田明神祭務所ホールにて
本年度の第5講が行なわれ約50人の受講生が集まりました。


午後6時〜7時の第1部「神田明神と文化講座」
今回の講師には東京大学の真鍋陸太郎先生がお招きされ
「神田の市街地の捉え方と平成の神田明神」講座
神田市街地の町歩き的捉え方や物理的環境、社会的環境、市街地開発。
そして平成の神田明神の楽しみ方として
アニメやマップなどとコラボして
歴史的コンテンツを活かした楽しみ方。観光のあり方などを語られました。



明神塾では毎回第1部終了の時点で、安藤優一郎塾長をはじめ
ゲスト講師、受講生の皆さんがそろって本殿にての参拝があります。



午後7時すぎから第2部「安藤塾長の講座とゲスト講師との対談」
今回のテーマは「江戸の蕎麦」
まずは、安藤塾長が「江戸の蕎麦文化〜江戸の製粉事情」講座。
江戸蕎麦の歴史や蕎麦屋の状況、蕎麦を支えた江戸近郊農村や
製粉作業に欠かせない水車の話がありました。

その後、安藤塾長がゲスト講師を紹介します。
神田錦町の老舗蕎麦店「更科」店主の堀井市朗氏が紹介されました。


堀井市朗氏は、明治2年1869創業の神田「更科」4代目店主。

江戸神田蕎麦の会会長、江戸ソバリエ認定講座講師、
神田錦町三丁目第一町会町会長、千代田区福祉協議会理事
KANDAルネッサンス「蕎麦屋の湯桶」連載中。



堀井家と更科とご自身の足跡。
麻布永坂更科の唯一の分店であったこととその関係。
江戸の蕎麦にまつわるここだけの話。
過去や現在に関わった人々や有名なお客様の話。
さらに現在、店で出している蕎麦の説明や
神田明神との関係、これから挑戦してみたいことなどを語られました。

 

一般社団法人 千代田区観光協会