トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
アーカイブ
<2019年2月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272812
3456789
月別の過去ログ
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2019/02/20 15:03

JR神田駅開業100周年を祝して
記念式典と神輿渡御を行ないます。

神田駅は、大正8年(1919)3月1日に開業しました。
本年3月1日には開業から100年を迎えます。


JR神田駅100周年記念式典実行委員会(保志場宏委員長)主催
JR神田駅開業100周年記念式典
日時:3月1日(金)17:30〜
会場:JR神田駅東口 上白壁橋通り広場(鍛冶町2-13先)


神輿渡御巡行(JR神田駅・鍛冶町二丁目町会)
日時:3月1日(金)18:00〜21:00
※神輿は指定・許可された町会半纏を着用しないと担げません。


写真は大正12年(1923・開業から4年後)の神田駅
線路右上のホームは中央線。
左の白い部分は神田駅の拡張工事の現場(現在の東口あたり)。
大正14年(1925)11月1日、下町の人工密集地で用地の取得に困難を
きわめた神田〜秋葉原間が完成し環状線(山手線)の運転が開始された。
写真の市電が往きかう道は中央通り。左手は日本橋。右手は須田町方向。
線路の奥は東京駅方面。線路手前は御茶ノ水駅方面。
(写真:東京鉄道局写真部『大正12年9月1日関東地方大震火災記念写真帳』)

現在は、中央線、山手線、京浜東北線の運行がされています。

神田駅をご案内しましょう!

神田駅東口
江戸時代から続く江戸・東京下町の基幹となる中央通りに面しています。
手前は日本橋方面、奥へ進むと須田町から上野方面となります。


神田駅西口
目の前には外堀通りへと延びる神田駅西口商店街が連なります。
また、平行して出世不動通り商店会も賑わっています。
写真の道すじは、手前は靖国通りへと続く多町大通りです。
西口ガードをこえると日銀通りに入り日本橋へと続きます。


神田駅北口
駅前には飲食店が密集して広がる繁華街となっています。
神田駅には東西南北の出入口がありますが、
北口からの方向感覚が難しいとよく言われる出口です。



神田駅南口
神田金物通り、日銀通りの道すじが伸びてゆきます。
金物通りを進むと中央通り、昭和通りを横切り東神田方面へ向かいます。
日銀通りを進むと日本銀行、三越、日本橋へと伸びてゆきます。



神田駅東口を出てすぐのガード高架橋には、
かつての町名が名づけられていて「上白壁橋通り」となっています。
この広場で、3月1日(金)に記念式典が執り行われる予定です。


鍛冶町二丁目町会神輿(写真は神田祭宮入の様子)

JR神田駅は、鍛冶町二丁目にあります。
地元の鍛冶町二丁目町会(平野恵一町会長)とJR神田駅(横山駅長)は
神田駅100周年を祝して神輿の渡御巡行を行ないます。
鍛冶町二丁目町会の神輿は、地元の神輿師「宮惣」の手で昭和9年に
作られた由緒正しき台輪寸法二尺六寸を誇る大神輿です。
神輿担ぎ手と見物見学の皆さんで盛り上がることでしょう!
※神輿は指定・許可された町会半纏を着用しないと担げません。

神田駅開業100周年記念式典は、3月1日(金)17:30より
神田駅開業100周年記念お神輿渡御巡行は、18:00〜21:00
式典会場と神輿発輿は神田駅東口前の上白壁橋高架橋広場です。
どうぞお出かけください!



投稿者: machiblog3 投稿日: 2019/02/15 11:49

千代田区指定有形文化財「井政  神田の家」
神田の家「井政のお雛様」展示と
神田の家内覧のご案内!


吉野喜代治作 木目込み雛人形
 
■会場 神田の家「井政」 
千代田区外神田2-16 宮本公園内(神田明神隣)
■会期 平成31年2月26日(火)~3月8日(金)
※3月2日(土)は貸切の為 CLOSE
■時間 12時~17時(最終入場16時半)
■入館 1,000円

◎お問い合わせ 井政・神田の家 03-3255-3565


「井政・神田の家」は、神田鎌倉町で江戸時代から続く材木商の遠藤家の
重厚な木造店舗住宅を改装移築した建物です。井政は材木商としての屋号。
千代田区有形文化財に指定されています。
NPO法人「神田の家」が管理運営しています。

昨年末に神田明神に新規オープンした
神田明神文化交流館を抜けてすぐ右側に「井政・神田の家」はあります。


遠藤家が所蔵する絢爛豪華な雛人形飾りが
懐かしくも重厚かつきめ細やかな造形の日本住宅で見ることができます。
写真は二階の和室広間から
板の間の次の間を見ています。


十二世伊東久重作 御所人形
 

御所人形型の高砂人形
 

五世 大木平蔵作 童子雛人形

などなど、他にも多くの雛人形の展示を予定しています。
重厚で技の粋をつくした日本の木造建築の内覧とあわせお楽しみください。

井政・神田の家ホームページ
https://www.kanda-imasa.co.jp/ 

◎展示品、展示場所は変更となることがあります。予めご了承ください。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2019/02/12 14:02

神田錦町三丁目には、古風な佇まいを醸し出す重厚な建物
文化庁指定登録有形文化財の「学士会館」が建っています。
江戸時代この地には安中藩板倉家の江戸上屋敷がありました。
江戸時代の天保年間1843年2月12日
この屋敷内で生まれたのが後に同志社を設立した新島襄でした。

2月12日(火)新島襄先生生誕之地
碑前にて生誕祭が執り行われました。



文化財として指定されている貴重で希少な建築物が「学士会館」
現在地の神田錦町三丁目に大正2年に開館。
いまの建物は関東大震災後の昭和3年に落成・開館している。
東京大学発祥之地、日本野球発祥の地としてもよく知られています。



学士会館の神田警察通りに面した場所に「新島襄先生生誕之地」碑がある。
写真は挨拶をする同志社大学学長の松岡敬氏。


同志社関係者、学士会館関係者、地元神田錦町関係者など
100人以上が参列する新島襄先生176回目の盛大な生誕祭となった。

生誕之地碑前にて参加者全員で賛美歌を斉唱。


地元、神田錦町三丁目町会長の前田智彦町会長のご挨拶。


松岡同志社大学学長、児玉同志社校友会東京支部長、
前田錦町三丁目町会長のお三方が生誕之碑に献花をされました。



新島襄先生生誕之地碑はきれいに整えられた学士会館の敷地内
神田警察通り沿いの植え込みに建っています。
是非一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2019/02/04 10:51

2月3日 日曜日
神田明神では
節分祭豆まき式が執り行われました!

新年の行事の締くくりともいえる節分の豆まきが大いに賑わいました。


定刻2時、鳶頭衆の木遣りの先導で神職、来賓など
豆まきの参加者が続々と本殿へと入場してゆきます。

本殿では粛々と節分祭神事が斎行され祝詞奏上が境内へも響きわたります。


神事を終えた皆さんが社殿前に居並びくす玉が開かれます。
石川千代田区長、矢田中央区長、警察署、消防署、税務署の皆さんが
くす玉の紐を解き放ち境内に歓声が沸き上がりました。


神田明神随神に扮したお二人の武者が舞台に上がり
弓で矢を表鬼門・裏鬼門へと放つ仕草をする「鳴弦の儀」が行なわれました。



いよいよ豆まきの始まりです!
第一組めは、神田明神大鳥居宮司と氏子総代の皆さん、千代田・中央両区長。



豆まき参加の年男年女善男善女は約450人にも及びます。
午後2時から約25組の皆さん450人が福はうち〜と豆まきをします。
福を受ける一般の皆さんは順次交代制で入れ代わりで舞台下へと入場します。


神田明神の豆まきでは赤鬼・青鬼も愛嬌たっぷりで大人気です。
カメラの皆さんからの人気も絶大の様子でした。



事故もトラブルもなく順調に進み全ての参加者が豆まきを終えました。
午後4時、大鳥居宮司と氏子総代、御防講・宮鍵講、鳶頭衆らが舞台へ上がり
木遣り奉唱からの一本〆にて節分祭豆まき式が滞りなく納まりました。

ポカポカ陽気の小春日和と好天に恵まれた
神田明神節分祭豆まき式の盛況の様子をお届けしました。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2019/01/26 14:31

神田明神 寒中禊がまん会神事
1月26日(土)10:00〜
全ての所作は神道の伝統に則り厳寒のなかで行なわれる
新年の神田明神の恒例行事「だいこく祭り」での神事です。
本年は新成人6名を含む42名の参加で執り行われました。

 

定刻午前10時 青空の広がる好天とはいえ気温は6℃ほど
寒中禊に挑む42名の皆さんが本殿の前に集合整列しました。



神田明神 清水権宮司さまより始まりのご挨拶がありました。
ご神前にて神職にあわせ全員で祝詞を奏上します。


神職を先頭に全員で境内を駆け足で一周して獅子岩前の禊場へと向かいます。
男性は褌か半股引、女性は白衣を召し全員が裸足です。



道彦と呼ばれる寒中禊を指導する神職にあわせ作法に則り準備運動をします。


禊場の周囲は見物人でいっぱいです。
メディアも多く取材されていますが、今年は外国のメディアも多かったです!



寒中禊の常連ベテランは豪快に水を被っています。
女性陣も果敢に水を浴びています。
周囲からは「う!寒い!無理!」の声も聞こえてきます。


禊場には大きな氷柱が3本も入れられていて水はギンギンに冷えている様子。
皆さん順番に次々と水を被り続けています。



千代田区内の幼馴染みの新成人6人組の元気な姿が印象的でした。
新年早々の新成人記念の寒中禊は良い思い出となるでしょうね!


寒中禊がまん会は事故もなく無事に納まりました。
中央に指導をされた神職さん、前列には新成人の6人が並びました。
心身ともに清らかになった参加者全員で記念写真を撮って解散となりました。が、数多くのメディアが参加者をつかまえて取材をしていました。

皆さま、極寒の寒中禊がまん会参加お疲れさまでした。
心身の穢れを禊で祓い、清らかとなった皆さんの今年の弥栄を願います。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2019/01/22 15:22

JR御茶ノ水駅ではかねてより
駅のバリアフリー化工事が進行中です。

1月29日(火)より、上り下り両線のホームの
エスカレータ・エレベータの使用が開始となります。



着々とバリアフリー化の工事が進むJR御茶ノ水駅。
写真は昨年の秋の状況です。



茗渓通りからはホームの上に建設中の
5階建て駅舎(店舗)の工事途中の様子が見られます。
駅舎は2021年に完成の予定となっています。


こちらは下り線ホームのエスカレータです。
御茶ノ水橋口出口への一方通行ですが
1月19日(土)より、ひと足早く使用が開始されています。


上り下り線両方のホームにはエレベータも設置され工事が進んでいます。
上りホームのエスカレータと上り下り両線のエレベータも完成間近!
1月29日(火)よりは
全てのエスカレータ・エレベータの使用が開始される予定です!



現在のJR御茶ノ水駅の聖橋口です。
最終的には駅舎出入口の向きが聖橋と平行する形へと変わり、
千代田区と連携して整備される駅前広場も2023年に完成予定です。

周辺には病院、医院などが多いのでバリアフリー化は大歓迎!
まずは、御茶ノ水駅でのホームと改札の
上下の移動がエスカレータ、エレベータの利用で大助かりとなります。
1月29日(火)よりエスカレータ、エレベータが使えます!

投稿者: machiblog3 投稿日: 2019/01/20 14:22

第18回「神田小川町雪だるまフェア」
今年も大盛況の賑わいとなりました!

群馬県嬬恋村から今回も80tもの大量の雪が神田小川町に運ばれてきました!


神田小川町(靖国通り)には、21体の雪だるまが並びました。
雪だるまコンテストが行なわれています。



前の雪だるまは、チコちゃん。これはクイーンのフレディです
今年の干支のイノシシとかグンマちゃんとか太陽の塔とか
神田祭とかそれぞれ楽しいテーマで個性豊かな雪だるまが並びました!


小川広場は「ちびっこ雪遊び広場」となり大勢の家族連れが訪れました。
かまくら体験、宝探しゲームなど子供たちの歓声が響きわたっていました。



大人気は雪の滑り台。今年もなが〜〜い行列ができていました。
笑顔いっぱいにすべる子、緊張してすべる子などみんなが楽しんでいました。


小川広場では、群馬県嬬恋村名産品などのあったかグルメも大人気。
こちらも大人気でイワナの塩焼きなどはすごい行列の人気でした。



これは雪だるまコンテストの投票所。投票の行列が長ーーく伸びました。
みなさん思い思いのお気に入りの雪だるまに投票していました!

そして20日(日)の午後1時から石川雅己千代田区長も出席して
雪だるまコンテストの表彰式が始まりました!
嬬恋賞、優秀賞(2点)そして最優秀賞が発表されました!


雪だるまコンテストの最優秀賞を受賞したのは↑↑
アーツ千代田3331チームが制作した「さよなら平成 ようこそ新元号」
おめでとうございました!



最優秀賞の賞状と副賞を掲げて記念写真の
アーツ千代田3331の制作スタッフさんの笑顔です。

アーツ千代田3331チームは雪だるまコンテストには5回目の参加。
2度目の最優秀賞の受賞となりました!

投稿者: machiblog3 投稿日: 2019/01/18 14:50

いよいよ明日19日(土)20日(日)
新年恒例の人気イベント

神田小川町雪だるまフェア開催です!
群馬県嬬恋村から大量の雪が小川町に運びこまれています。


小川広場はちびっ子や家族連れなどが楽しむ雪の広場になります。
みんなを迎える雪だるまも出来上がっていました!



ちびっ子たちに大人気で毎回長い行列ができる雪のすべり台も準備は万全!


群馬県嬬恋村をはじめ各地の美味しい名産品が並ぶテントも張られています!


靖国通りでは25チームほどが参加して雪だるまコンテストが行なわれます。
各チームの所定の場所には、迫力の雪のかたまりがセットされました。


そして早くも熱心なチームの何組かは雪だるまの制作に取りかかっています。
今年はどのチームがどんな雪だるまを作るのでしょう?
雪だるまコンテストはフェアに来場した皆さんの投票で決まります。
表彰式は20日の昼頃に小川広場で行なわれグランプリが決定しますよ!
ちびっ子たちは雪だるまをいたずらして壊さないでね!お願いです!


明日と明後日の19日〜20日は、
神田小川町で雪に触れて雪と戯れて楽しみましょう!
どうぞ神田小川町へお出かけください!


投稿者: machiblog3 投稿日: 2019/01/01 2:37

平成最後の新年正月を迎えた
神田明神の初詣参拝の風景です。


平成30年12月31日 大晦日
午後11時の随神門の前から初詣参拝の行列が延々と長く続きます。
向かって右側の先頭の二人は昼の12時から並んだ社会人と大学生コンビ。


本殿では巫女さんの祓いの神事が執り行われています。


随神門の扉は午後11時には閉ざされ神社境内は関係者のみとなります。


元日午前0時、神職による祝詞が奏上されます。


鳶頭衆の木遣りの先導、神職、御防講、宮鍵講の皆さんが
本殿に向けて参進します。



午前0時、太鼓の響きと同時に随神門が開門され一般の皆さんの入場です。


すぐに本殿前の境内は初詣の老若男女の皆さんでいっぱいとなりました。


大鳥居前と随神門の前では安全を期しての入場の制限が行なわれています。


午前2時近くになっても参拝に訪れる行列は途切れません。

この新しい年が皆さま方におかれましても
佳き年となりますようお祈り申し上げます。
本年も千代田区観光協会「まちブログ神田」を
宜しくお願い申し上げます。
平成31年 1月1日

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/12/26 17:40

神田の新年の行事をご案内!

まずは、平成31年の幕開け! 新年幕開けの行事をご紹介します。
神田明神と三崎稲荷神社と柳森稲荷神社の年越しをご案内!


江戸総鎮守 神田明神の新年参拝(外神田2丁目)
大晦日の11時30分頃に一年間にこの時だけ随神門が閉ざされます。
午前0時に太鼓の音色が響きわたり開門となり新年を迎えます。


三崎稲荷神社の新年福餅つき(神田三崎町1丁目)
午前0時を迎えると新年を寿ぎ氏子青年会の皆さんで福餅が搗かれます。


柳森稲荷神社の年越し(神田須田町二丁目)
神楽殿では神田囃子が奏でられ境内では豚汁がふるまわれます。

旧万世橋駅レンガ遺構の広場にて将門太鼓演奏が披露されます!


マーチエキュート神田・万世橋(神田須田町一丁目)
14:00〜 神田明神将門太鼓の勇壮な演奏が行なわれます。



井政・神田の家 梯子乗り(外神田2丁目 千代田区宮本公園内)
1月4日(金)13:30〜 門前にて江戸消防記念会大一区の鳶頭衆による
江戸町火消しの伝統の技、木遣り・纒の振込み・梯子乗りが披露されます。

子供たちやファミリーに大人気の神田小川町雪だるまフェアをご案内!

新春恒例 1月19日(土)〜20(日) 神田小川町雪だるまフェア
群馬県嬬恋村から80tもの雪が小川町に運び込まれ
靖国通りには20体以上の雪だるまが並びコンテストが行なわれ
小川広場はちびっ子広場となり賑わいます。


カメラマンが大挙押し寄せる神田明神寒中禊がまん会が行なわれます!

1月26日(土)10:00〜
神田明神だいこく祭では寒中禊がまん会が執り行われます。

新成人をはじめ、大勢の老若何女が冷水をかぶり身を清める神事です。
だいこく祭では27日(日)12:00より四條流包丁儀式も行なわれます。

1月の神田の行事の一部をご紹介しました。
どうぞお出かけください!

 

一般社団法人 千代田区観光協会